愛知からの旅

旅に出よう。それは、心の旅でもいいのさ
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

希望の国のエクソダス

小説はあんまり読まないんだけど、村上龍だけは好きですね。
作品全部が好きではないですが。官能系も書いていますしね(笑)
そんな中で一番いいなってのが希望の国のエクソダスです...ちょっと古いですが。
村上龍は近未来的な小説を書いたりするんですよね。
コインロッカーベイビーズとか愛と幻想のファシズムとか...また古いな...
自分はそういった感じの村上作品が好きですね。

全国の中学生がいっせいに不登校を始め、その後、事件の中心となった子供達が理想郷みたいなものを作ってしまう。
そこにネットや金融なんかが絡んでくる...そんな感じの話です。
この小説が出たのは4年位前なんだけど、その当時でも「有りえるな」なんて思いましたね。
ネットって若い時のほうが抵抗なさそうだし、同じような意識を持った中学生がネットワークを形成するには最適だし。

ネットワークと言えば、ネットワークビジネスってありますよね...全然話変わりますが。
雑誌もありますもんね。
違法性は無いんでしょうけど、何とな〜くねずみ講とかマルチ商法と同じ臭いが...詳しくは知らないけど...どうなんでしょ。
まあ、怪しそうって思ったら近づかないのが一番ですね。
読書 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)